メガネ屋の海外事業裏方担当者のブログ

OWNDAYSというメガネ屋で、海外事業を担当しています。(昔はビジネス向け民泊サイト「TripBiz」を担当)

ドコモ・バイクシェアで気づいたこと

おーっともう12月。早いすねー。

そうこうしているうちに、もう2018年突入すね。

 

さて、昨日は都内を移動するのに、バイクシェアを使いました。

 

そこそこポートが増えてるので、電車乗るよりも便利だったりすることもあります。

 結構おすすめなんですよねー。

 

そして、 そのアプリがこれ↓

ドコモ・バイクシェア ポートナビ

ドコモ・バイクシェア ポートナビ

  • LocationValue Inc.
  • ライフスタイル
  • 無料

play.google.com

 

何年か前からこのアプリを使っていますが、めちゃめちゃ使いにくい笑。

「近くのポートを探す」 って機能があるのに、そのポートを選んでも、そのままバイクのレンタルまでいけないという笑。それに毎回ログインを求められたりと、不便さを感じていたんですよね。

 

そんな中気づいたこと

不便さを感じつつも、昨日予約をした時に、あることに気づきました。

以下の二つです。

 

1)それでも使っている自分

面倒臭いアプリだなーと毎回思っていても、それなりに使っているんですよね。なぜかと考えると、はず初めに、他に選択肢がないから。調べればあるんだろうけど、僕の耳に入ってきてないので、選択肢として実質存在していない。なので、まずはこのアプリを見に行く。

次に、自転車に乗りさえすれば、便利だし楽しいから。電動アシスト付きなので、めちゃ楽なんです。妻は自分のチャリで息子を乗せて、僕はこのチャリを借りて出かけることもあります。都内を移動する時も、例えば虎ノ門ヒルズに行く時とかは、最寄り駅がないため使ったことあるし、オフィスがある天王洲アイルから田町に行く時とかは、モノレールで浜松町まで行ってそこから山手線に乗って・・・ってやるよりも近い。

しかも30分150円?だったかな。そんな感じなんで、とても実利があるんですよね。

 

2)ユーザーはサービスに不満があっても提供者に伝えない

アプリが使いにくいと不満を上記しましたが、実は昨日アプリが改善されていて、少し使いやすくなってました。「おっ、よくなったやん!」って心で思ったのと同時に、一方で、こんなに長く使い続けてる僕みたいなユーザーでも、不満を一度もサービス提供者に伝えたことはありません。

 

つまり、みんな言わないんだなーと、改めて気づいたんです。

 

それを踏まえて、TripBizではどうするか。

二つの気づきを得て、TripBizではどうするか.

 

まず第一に、広く好かれるよりも、少数の方に愛されるサービスを目指すこと。まずは、きちんと独自性のあるメリットを提供できるように成長する。これが前提です。会社として管理しやすい仕組みで、かつ出張費が抑えられ、そして、検索、予約、チェックイン、滞在、チェックアウト、決済がスムーズに完了するように磨きをかけること。

 

次に、このような実利も大切だけど、それに加えて好かれるサービスになること。すぐにお客様は離れて行ってしまいます。アカデミックにいうと、ブランディングとか、感情移入とか意味づけとか、そういうものですね。ロジックには捉えられないところで、価値を作り上げる必要があるのかなぁと思いました。

 

最後に、ユーザーからの意見が届き、それをきちんと拾い上げ、改善に反映する、仕組みを作ること。多分、ユーザーはきっかけを作れば、教えてくださると思います。そういったきっかけをどう提供していくか、これも考えたほうがいいかもしれないと思いました。

これについて、今すぐにできることは、とにかく僕がみなさんからコンタクトを取りやすい体制をとることかなと思っています。なので、Twitterでつながるとか、LINE IDを交換するとか、Facebookでつながりmessengerでやりとりするとか、本当に大歓迎です。ガンガンDM送ってくだし。実際に、Twitterで連絡をしてこられる方もいますし、messengerで「安田さーん、アプリの挙動が変ですよー!」とか「登録しようとしたら、こんなになったんですけどどうしたらいいですかー?」って教えてもらえるようになりました。これって電話とかメールとかだと言いづらいし、面倒くさくて言わないのが、気軽にチャットだと伝えてもらえているんだと思います。

TripBizのために時間を使ってもらえてることが嬉しいし、その伝えてもらうのに消費してもらってる時間を短縮するのも、今の立ち上がり期には重要なのかなと思います。そうすれば、ユーザーのフィードバックを早く得られるし、それを開発・修正・改善にすぐに対応していけるんじゃないかと考えています。

 

なので、みなさん、お気軽にTwitterやLINE (僕のIDは tripbizyasuda です)、Facebook messenger(初めての時は、一応どなたかメッセージ添えてくださると嬉しいです^ ^)とかで、じゃんじゃん連絡お待ちしています。

 

 

TripBizでは開発エンジニア、デザイナー、マーケ・営業担当者、ディレクターとなっていただける仲間を探してます。ご紹介も大歓迎^^

こちらもお気軽にチャットから!笑。

 

www.wantedly.com

www.wantedly.com