「逆にこれから小売が面白い! 」と思うある3歳児パパのBlog

OWNDAYSというメガネ屋さんに勤務、海外事業と経営企画系を担当中。最近、ITやらECやら〇〇Techが叫ばれている中、これからは逆に小売が面白いんじゃないかと思っているんす。仕事のこと、子育て・家族のこと、僕の好きなことを思うがままに書くっす。

大田区のTripBizらしい民泊物件

今日は朝から蒲田へ。

 

お会いするのは株式会社MDIさん。

不動産の企画、開発、販売をされている会社ですが、実は民泊物件の運営もされています。

 

民泊物件を開発し、それを投資家に販売。投資家に対して家賃保証をつけて、運営を受託する。そんな案件が民泊でも出てきました。

 

m-1Tokyoと言うブランドで展開されていて、TripBizにもご掲載頂いています。

 

同社と同ブランドについて、以前もブログでご紹介しましたが、良いものは何度も伝えた方が良いので、また改めてご紹介します^^

  

norry.hatenablog.com

  

norry.hatenablog.com

 

大森や蒲田、羽田、粕谷、池上エリアで物件をお持ちで、今後300室に増えてくるだろうとのことです。

 

リーズナブル but 快適な宿をお求めのゲストさん!

まず初めに、とにかく綺麗で質が高いです。こんな綺麗な内装、水回り、ベッド。そして、スマートキーに超高速WiFiにネットフリックス笑。

そして、こんなに良い部屋にも関わらずらツインルームに二人で泊まっても、一泊7000円代。つまり。一人当たり3000円代に収まります。これほどの質を維持していて、この値段はなかなかないですね。

さらに羽田空港や品川、蒲田にも近いということで、ビジネス利用者が求める利便性も文句なしかと思います。 

 

 

一方で、TripBizを使えばホストさんは運営が楽に、安心になる!

まず一つ目に、ゲストとのやり取りが楽になります。彼らのような民泊運営代行会社を使わず、自ら行うホストさんは、ゲストとのチャットが頻繁に発生します。そして、それがAirbnbなどのように海外からのゲストが多いと、チャット時間は夕方から夜中に多く発生し、業務負担にもなり得るわけですね。その点、TripBizでは、平日の日中が多いので、夜中に連絡がくるということは一切ないです。

 

次に、これもゲストとのやりとりですが、チェックイン方法やハウスルールの説明などがほぼ不要になります。これは、なぜかというと、企業さんの場合、同じ場所に何度も出張することがあり、リピート客のような存在ができ「いつもと通りです! のやつ

 

 ちょっと、眠気に襲われながら、ブログを書き上げました。

 

よろしければ、こちらのホストさんの物件をぜひチェックしてみてくださいねー!

 

こちら▼

 

tripbiz.com

 

それでは今日はここまで〜!