「逆にこれから小売が面白い! 」と思うある3歳児パパのBlog

OWNDAYSというメガネ屋さんに勤務、海外事業と経営企画系を担当中。最近、ITやらECやら〇〇Techが叫ばれている中、これからは逆に小売が面白いんじゃないかと思っているんす。仕事のこと、子育て・家族のこと、僕の好きなことを思うがままに書くっす。

何をやるかより、誰とやるか

最近、これがとっても大切だなぁと思う。

 

 

誰とやるか

 

 

確かに、僕はTripBizというプロジェクト・事業にとてつもない魅力を感じたので、話を頂いた時、TripBizの責任者を務めてみたいと強く思った。それに加えて、やっぱりオンデーズグループの代表であり、僕のボスである 田中修治 という経営者に惹かれたからというのがとてつもなく大きい。

 

別に自分の会社やグループの社長を自慢したいわけじゃない。ただ、僕自身思うのは、その経営者が見る未来を一緒に見たい、作りたいと感じたし、そういう方が構想した事業だから一緒にやってみたいと心に響いたという事実。

 

このTripBizの話を誰かその辺のおっちゃんから聞いたとして、同じように心に響いただろうかと考えてみると、たぶんそれはない。それくらいやっぱり誰が言うか、誰とやるか、は事業の魅力、仕事の魅力に影響するもんだと思う。

 

そういうことを振り返ってみると、僕はTripBizの代表として、それくらい人を惹きつける要素を持ち合わせているかをよく考える。田中が僕に対して心を動かしたように、僕はメンバーや面接に来る人、お客さん、パートナーを惹きつけられているか。

 

やっぱり全然ダメだ。あかん。

 

何かが足りひん。

 

田中が前に言っていたことを思い出す。

 

「経営者の一番の仕事は、どれだけ優秀な人を集めてくることができるか」という言葉。

 

そして、短パン社長は、

 

SEO対策よりCEO対策」やと。

 

さらには、昔人事で100人単位の採用に関わっていたことのある妻にも言われたことがある。

 

「自分より優秀な人は採用できないよ」

 

どれをとってみても、やっぱり「誰とやるか」。

 

これだけ働く人が減り、売り手市場まっしぐらの中、自分の魅力を高めないと誰もついてきてくれない世の中になっている。だから、自分が成長し、自分自身の世界観を持ち、それに人を惹きつけられるようにならないといけないな、と強く感じる。

 

でも、逆に言うと、それさえあれば、大きな強みになる。個人が活躍できる時代やから、それが肝になる。

 

最近、それに気づかされることが多く、自分自身に問いかけることが多い。

 

俺って真面目すぎるかな笑。

 

では、皆さん良い週末を!