「逆にこれから小売が面白い! 」と思うある3歳児パパのBlog

OWNDAYSというメガネ屋さんに勤務、海外事業と経営企画系を担当中。最近、ITやらECやら〇〇Techが叫ばれている中、これからは逆に小売が面白いんじゃないかと思っているんす。仕事のこと、子育て・家族のこと、僕の好きなことを思うがままに書くっす。

kindle voyage

今日はこのことを書こうかな。

 

はい、この前勢いで買ってしまった kindle voyage 

もともとKindle FireとかiPad miniを持ってたけど、今回読書専用にと、kindle voyageを手にしました。とにかく本って結局読み返さないし、家に置いておくのも邪魔かなと思って。昔は、なんか頭の良さそうな本を本棚になれべておけば、インテリア?としてかっこつくかなぁとか思ってたけど、そんな必要もないし、狭い家を広くするにはものをなくすしかないかなとw。一方で、参考書的なやつ、何かツールの使い方(ExcelGoogle Analytics etc..)は、紙の本の方が使いやすいかなとは思うから、そこは使い分けかな。と言いつつも参考書的なものって、もう本を買う必要もなくググれば出てくるから買うことも少なくなってる気もします。

 

 

 

早速感想を書いていきたいと思います。

ただ、他社のタブレットとかKindleの各モデルを詳細に比較したわけじゃないので、悪しからずw。ちなみに、kindle voyageと他のモデルとの比較については、他の人が山ほどブログを書いているので、そちらをご参考ください(例えば、これとか)

 

まず良かった点:

 

・とにかく軽い。片手でも持てる。多分、女性でも片手で行けるかな。6インチといわゆるタブレットとしては、比較的小さめだと思います。ちなみに、iPhone 7との比較はこんな感じ。今日も左手にタブレット持ちながらランチしてました。

f:id:norry-yasuda:20180516161504j:image

 

・ページめくり機能がある。縁の左右部分に線が入ってるのが見えると思いますが、これがページめくりボタンです。片手でもめくりやすいようになっています。ある比較サイトでは、満員電車で読み進めるのにも、片手でページがめくれるから良いと言ってる人がいました。

 

iPadとかKindle Fire HDスマホと比較して、目が疲れにくい。kindle voyageはバックライトがついてますが、あくまでも明るさ調整のため。E-inkという技術で、紙の上にインクで書かれた本物の本のように表示されているため、長い時間読むのも目に優しくなっています。

 

・画面サイズが小さいけど、意外に問題なく読める。はじめ届いた時は「思ったより小さいなぁ」と思ったんですが、そうでもなかったです。雑誌を読んでないのでわからないですが、一般的な書籍であれば、問題ないと思います。

 

まぁ、あとは、画面は白黒ですが大して問題ないし、値段もKindle Paperwhiteより一万円高いようですが、これらの付加価値で僕としては問題ないかなという印象です。

 

読みたい本がいつでも読める。しかも、スマホのように疲れにくい。

 

ぜひオススメです。

 

kindle voyage