仕事 と 子育て ときどき担々麺

OWNDAYSというメガネ屋さんに勤務、経営企画室所属。趣味は担々麺。怒らない子育てをモットーに、4歳男児のお父さんをやってます。仕事のこと、子育てのこと、担々麺のことを中心に気ままに綴ります。

自分とのアポ

自分とのアポ。

 

これはベンチャーにいたときに身につけた。というか、その重要性に気づいた。

というか、たぶん、結婚して子供ができたから身につけざるを得なかったのかもしれない。そして、いま最も大切にしている。

 

f:id:norry-yasuda:20190521215634j:plain

そんなうちのこもいつの間にか4歳になった

そもそも「自分とのアポ」って何かというと、自分がこれをこの時間にやる!と決めたら絶対やり切ること。自分との面談、商談、ミーティング、ディスカッション、表現はなんでもいいんやけど、自分のための時間。

 

お客様やお取引先、社内の会議は、基本的にその場に集中しますよね?まぁ、最近はスマホやPCで隙間時間に他のことをしたりすることもぶっちゃけ多いと思うけど、とにかくその時間は、相手がありアジェンダがある。これと同じように「自分自身」とアポを設定し、その時間がくれば決められたアジェンダのことを考える、作る、検討を重ねるなど、することはとても大切だと思う。

 

たとえば、ベンチャーにいたとき、毎週(例えば)火曜の10~12時はコールドコール(要は営業電話やメールの配信)をする時間と予め決めてはいたんだけど、顧客とのアポがその曜日と時間で決まってしまうとそっちを必ず優先していた。で、結局コールドコールをするための時間を埋め合わることなく、その週は時間がなくなっていった、みたいなことが最初はよくあった。

 

確かにその時間でしか顧客とのアポは直近では取れなかったかもしれない。ただ、それを先延ばしにしてでも、コールドコールの時間にあてていれば、3件はアポがとれたかもしれないし、仮に火曜10時~12時にアポが被ったとしても、翌水曜日の同じ時間に予めずらしておけば、そのための時間を失うことなく、顧客とのアポを入れることができたかもしれない。つまり、それをやると決めたら、それは自分のアポとしてちゃんとリスケを事前にしておいて良いと思う。

 

特に子供ができてからは、自分の好きな時間まで好きなように仕事をする、ということができなくなった。なので、明らかに日中の集中力と能率が上がった。いかに毎時間無駄にせずに自分がやるべきことやって、家族との時間を確保するか、そして仕事でも最大限のアウトプットを目指すか考えるようになった。

 

今はオンデーズという世界一位を目指す眼鏡チェーンの経営企画室に所属していて、上司や同僚、ファンドからの出向者など、恐ろしく優秀な人たちに囲まれている。そして、実際に予算という数字を持つ、全世界の部署のみんなと一緒に仕事をしている。もうとにかくタスクも膨大で、ゆっくりランチをなんて、経営企画室メンバーとはとったことがないくらい、とにかく色んな課題を乗り越えていかなきゃいけない。そんなこんなで、スケジュールに空きがあると、とにかく会議が入りまくる。

全ての会議内容に無駄はないし、それを否定しているわけでないない。ただ、他人がどんどん入れてくるアポばかりに引っ張られ、自分がやるべきことをやるための時間を自分との約束という形できちんと確保することを忘れないようにすることも、同じくらい大切だと思う。(一応言っておくと、アポを入れる人を否定しているわけでもないし、その人は会社にとってやるべきことをやっているだけ。そして、ボクはそれに対して協力すべきであると認識している)

 

「自分とのアポ」 

 

みんな、自分との約束ちゃんと守ってますか?

 

 

 

 

と、↑↑↑こんな感じ↑↑↑で、一人集中タイムを最近は設けてる。

 

ってことで、明日のお昼前後は、SNSもシャットアウトし(当たり前かw)、自分との時間に没頭したい。

 

 

追記:

何度も言うけど、いろんなポジションにてOWNDAYSで働きたい人募集してます!そうです、ボクのブログの最後には、必ず人材募集のリンクが漏れなくついてきます。そうです、OWNDAYSで代々伝わるステマです。ブログは全てこういうリンクに全て誘導されます。嘘です。ブログは真面目に書いてます。最後にちょこっと伝えたいだけです。個人的には、西野亮廣さんのブログにある、オンラインサロンへのリンクと同じようにしてるだけです笑。

 

www.wantedly.com

www.wantedly.com

 

www.wantedly.com

 

www.wantedly.com

 

というわけで、大募集中なので笑、、、

 

・興味あるひと ⇒ 私にDMください。

・関心のありそうな友人が周りにいる人 ⇒ このブログを共有してください。

・興味ないひと ⇒ このwantedlyの募集を「応援」してください(wantedlyのリンクをクリックして進めば、「応援」ができます。

・募集に関連のある友人もいないし、興味もないひと ⇒ SNSでRTやシェアしてください。