仕事 と 子育て ときどき担々麺

OWNDAYSというメガネ屋さんに勤務、経営企画室所属。趣味は担々麺。怒らない子育てをモットーに、4歳男児のお父さんをやってます。仕事のこと、子育てのこと、担々麺のことを中心に気ままに綴ります。

何を発信したらいいのか、と迷ったらとりあえず自分の会社のことを発信していい。

SNSやブログで発信しようにも、何を発信したらいいか分からない…

 

と思う人もいると思う。

たぶん、個人事業主や会社経営者ではなく、会社員に多いと思う。

特定の趣味もない。何かに特化したスキルとか経験があるわけじゃない。特技もない。そんな人の方が圧倒的に多いかもしれない。自分自身の“個”を発信したいのに、なんかよく分からない…。

僕もブログを書き始めた時はそうだった。担々麺は好きだけど語れるわけじゃない、息子のことは当たり前に大好きだし子育てに色々思うことを書くことはあるけど、どれだけ誰かの役に立てているか、よく分からない。みたいな。書き続けることで何か見えてきた、ってのはあるけど。

 

でも、そんな人のためにこれをやれば良い、というのが一つある。

それは、自分の会社や商品・サービスの紹介を発信すること。「いやいや、“個”を発信していきたいのに、会社のことを発信するなんて本末転倒だ」と思ったりして、会社のことをあまり発信しない人も多いのかもしれない。一方で、実は(?!)ボクはOWNDAYSという自分が勤める会社のことを沢山書いている。もちろん、担々麺やら子育てやら、その他色んなことを書いてもいるけど。特にブログにもOWNDAYSを沢山記している。 

 

なんで会社のことも沢山書いてるか。それは、会社員の個人が、会社より前に来るためには、まず会社に利益をもたらせる人間じゃなくてはならない。売上を上げる、知名度を上げる、社内の誰かのモチベーションを上げる、そういった実績があって初めて、自分の名前の前に会社があった状況だったのが、自分の名前が会社に追いつき追い越していく気がする。そう考えるから遠慮なくガンガン書いてる。

 

そんな代表格は箕輪厚介さんやZOZOの田端さんだ。彼らは個人として名を挙げる前に、会社をしっかり儲けさせた。儲けさせたから、個人が際立つわけだ。だから発信した時に“個”が発揮されるわけだ。

会社員じゃないけど、うちの代表の田中修治もそうだと思う。多分、うちの会社を買収したての頃は、会社名が個人名より先に来てたことだろう。でも、会社を儲けさせたことで、「OWNDAYSを買収し再生させた男」として、OWNDAYSの名前を完全に追い越した。

だから、これまで〇〇会社の△△さんだったのが、△△さんの〇〇会社になるには、まず所属している組織が成功しなきゃいけないんだろう。組織全体じゃなくてもいい。関わる部分的なところだけでもいい。やっぱりそれが実績になるんだと思う。その実績で名が知れて、会社名より有名になる。

f:id:norry-yasuda:20190816231147j:image

だから繰り返しになるが、もし発信する内容に迷ったら、自分の会社のことを発信しまくってみてほしい。SNSだけじゃなくてブログでも。

会社名を使って自分の名を広めるイメージ。会社を発信のコンテンツとして使い倒すイメージ。それは全然悪くないと思う。そもそも会社のことを発信したくない、ということなら、その会社を辞めた方がいいかもしれない笑。

 

ということで、今週末も息子ちゃんと遊び倒したいと思います!では!

f:id:norry-yasuda:20190817081617j:image