仕事 と 子育て、ときどき担々麺

OWNDAYSというメガネ屋さんに勤務、経営企画室所属。趣味は担々麺。怒らない子育てをモットーに、4歳男児のお父さんをやってます。仕事のこと、子育てのこと、担々麺のことを中心に気ままに綴ります。

エリアマネージャー解散総選挙だけじゃなくて、スーパーバイザー解散総選挙もある。

これまで何度か?!OWNDAYSのことを紹介してきましたが、本日もゴリゴリに社内の宣伝をします。そう、あの解散総選挙の裏側についてです。大した話ちゃうけど笑。

管理職を選挙で選ぶのがOWNDAYS流

ブログで何度も紹介したOWNDAYSの世間一般にいう社員総会、その名も「OWNDAYS SUMMIT」では、営業部の5人の部長を1年に一回開催される「解散総選挙」のプレゼンと投票結果発表がメインコンテンツとなっている。「コンテンツ」とか言ってますが、立候補した人たち、投票する私たちはもちろん真剣です。立候補者は次の年の給料と役職がこれで決まるわけですし、投票する側としては店舗の売上の責任を担う営業職の最重要ポジションに、誰がふさわしいか選ぶわけですから。

解散総選挙をやる意義やなぜ選挙で管理職を選ぶのかについてこのブログで説明しているので、良ければチラ見してください。もしくは、該当箇所を簡単に抜粋したので、下をご覧いただいても良いです。この解散総選挙って、カンブリア宮殿でも紹介されましたので、ご覧になったことがある方もいるのではと思います。

www.norrya.com

総選挙?

は?

と思われるかもしれないが、文字通り、選挙を行う。何の選挙かというと、営業部の管理職であるエリアマネージャーを全社員の投票で決めるというもの。エリアマネージャーは日本で5名だけ。日本を5つのエリアに分け、20〜30店舗の売上・店舗運営に責任持つ。その重要なポジションを完全立候補制にして、社員による投票のみでガチンコで選んでいる。もちろん、このポジションだけでなく、AMが束ねるSV(スーパーバイザー、約10店舗前後を管理)というポジションも、店長のポジションも全て立候補と投票により決まる。

一見、遊びのように聞こえるかもしれないけど、ガチでガチ。そしてドラマもある。そしてOWNDAYSカルチャーの集大成でもある。「やりたい人がやる」「個を発信する」「関わる人を豊かにする」など、これらがまさに体現されるのが、このAM解散総選挙だ。

経験や知識は教えられる、でもやる気は教えられない。やる気がない人よりも、やる気がある人に教え経験させた方が、絶対に成長する。

そんな思いがこめられている。

AMだけでなくSVも選挙で選ぶ

今日伝えたいのは、エリアマネージャー(通称”AM")だけでなく、スーパーバイザー(通称”SV”)と呼ばれる役職も1年に一度の解散総選挙で選ばれますんですよー、という点。AMは全国に5名、SVは全国に約10名ほど配置されています。SVはより店舗運営に入り込み、スタッフの教育や日々のオペレーション改善に取り組みつつ、店舗へシフトインすることも多いです。

そんなSV選挙の公示が最近なされ、まもなく立候補の締め切りが迫っています。立候補の条件はいくつかあるんですが、そのうちの重要項目として推薦状の提出があります。なので、立候補をするにあたり、何名かの社員・役員から推薦状を集めなければなりません。つまり、誰一人として支持者がいない人には 立候補できない仕組みに なっています。そもそもそんな人は選挙を通過するわけではないので、いわゆる足切りみたいなものとして機能しているのかな、と思っています。

ボクにも推薦状の依頼が!

なんとなんと、そんな推薦状の依頼が、なんとわたしくめにも初めて届きました。しかも何名も。う、嬉しい。もしかすると、推薦状を書く人はある立候補者1名宛てにしか書けないので、立候補者の皆さんが依頼する先々の人が既に他の立候補者からの依頼を受けていたから、泣く泣く「なんかTwitterで担々麺と子供のことをつぶやく、経営企画ナンチャラの安ナンチャラに頼んでみるか」と思ってもらったのかもしれませんが、ボクの事を思い出してもらえるのは嬉しいもんです。

ボクも同じく推薦状を書けるのは一名のみ。実は一番最初に依頼のあったあの方のために、ボクは推薦状を書くのですが、まもなく完成しますのでお待ちください笑。(現時点では、まだ全然書けてませんw)

そしてそして、他に推薦状を依頼してくれた貴方様!本当に引き受けられず申し訳ないです。全員分できれば書きたいですが、書けません。選挙のルールなので。

プレゼン資料のレビュー手伝います

ただ、一つできることがあります。それは、プレゼン資料の事前レビューです。中田敦彦YouTube大学でも語られていますが、プレゼンの最良の準備方法は、初めて聞く三人の前で一度本番のように練習してみる、ということらしい。それになぞらえて、資料が出来上がったらボクに送って下さい。別にプロではないですが、気づいたことをコメントします。

⬇︎こんな風に真剣に考えることを約束!

f:id:norry-yasuda:20190903005626j:image

といっても、資料が良かったからといって選挙に通るわけでもないのも事実。当選保証は一切受け付けません笑。というか、んなもんボクに期待してないと思いますがww

でもさ、選挙がさ仮にさ、うまくさ、いったらさ、、、STAPAマイル(社内仮想通貨)とかさ、、、少しでもいいからさ、送ってね。そうすると、あたし、とっても喜びます。