仕事 と 子育て ときどき担々麺

OWNDAYSというメガネ屋さんに勤務、経営企画室所属。趣味は担々麺。怒らない子育てをモットーに、4歳男児のお父さんをやってます。仕事のこと、子育てのこと、担々麺のことを中心に気ままに綴ります。

【「いいね」を購入につなげる短パン社長の稼ぎ方】を仕事を頑張る友達みんなに読んでほしい

「お久しぶりです!」ってSNSで言う人多いしボクも良く言ったりするけど、SNSで繋がってる人のうち誰一人として「おぉこの人久しぶりやな~」なんて思っていないことに先日気づきました。こんにちは、子育て担々麺野郎の安田です。

自分の仕事の遅さ、甘さもあって、仕事がなかなか追いつかずBlogを書く暇あったら仕事しようということで、お久しぶりのBlogとなりました(久しぶりって言うとるやんけ!)。今日も大好きなシーシャを吸いながらBlogを書いてます。

「いいね」を購入につなげる 短パン社長の稼ぎ方

さて、今日は仕事を頑張る友達みんなに伝えたいと思ってブログを書きます。経営者、会社員、医者・看護師、公務員、エンジニア、いろんな友達がいるんですが、みんなに伝えたいから。SNSでの発信、ブログを続けていられているのも、この人の影響ももろに受けているから。そう、ぜひ騙されたと思って読んでほしいのがこれ。奥ノ谷圭祐こと短パン社長の「いいね」を購入につなげる 短パン社長の稼ぎ方という本。てか、このブログでみんなを騙しにかかるので読んでほしいんです。今日はその本を紹介します。

 

短パン社長って誰?

まず基本的なところから説明すると、短パン社長って誰なのか笑。多分、ボクの友人で短パン社長のことを知ってるのは一人か二人だけなので簡単に紹介すると、1年の3/3を短パンで過ごすアパレル会社の社長のこと。真冬にお会いしても短パンです笑。この紹介する本の帯にも書いてますが、SNSだけでアパレル商品を5億円販売されています。あっ、最近ご本人から教えてもらったのですが、今は6億円に達しているそうです。実はアパレルだけじゃなくて、コーヒー、カレー、お米、おつまみ、ビールなどもこれまで販売されていて、去年はOWNDAYSとのコラボメガネもしていました。(そのコラボメガネに関するブログはこちら:サングラスが欲しかったわけじゃないんです。共有、共感したかったんです。)ボクが勤めるOWNDAYSのSNS研修も講師を務めてくださっています。

短パン社長との出会い

そんな短パン社長との出会いは、OWNDAYSに入社してから。実は、OWNDAYSに入社前にOWNDAYSの社長のFacebookで度々登場するのは目にしていたんですが、 お会いしたのはOWNDAYSに入ってからなんです。具体的にはOWNDAYSには入ったものの、その時の新規事業に僕は関わっていて、その際に多大な協力を得たのが、短パン社長だったわけです。もちろん、最初は「短パンさん?短パン社長?えっ、誰?」となりましたが笑、その新規事業をいち早くブログに上げてくださっていたし、周囲の方々にユーザーとして使ってみることを推薦してくださっていました。そして、初めてお会いした時は「ズボンは短いけど背丈はデカい!笑」と「なんて愛情があって深みのある人だ」という印象を持ちました。そこから、Twitter,Facebook,Instagramと次々SNSで繋がり、リアルでもオンラインでもかかわりを持つようになったわけです。

ボクから見た短パン社長

ボクが短パン社長を紹介するとすると、「息子をこんな大人に育てたい」って思う人。すみません、ビジネス的な表現ができなくて笑。どっちかというと、どうやったらこんな人に育つのかという風に興味があって、そう思った自分がいます。

もう少し具体的に表現すると、「自身の "好き" に超正直で、自分で自分を一番受け入れている人」かな。よくご本人のお母さんとのやりとりをみると(時々SNSにあげてらっしゃる)、短パン社長の幼少期にはボクの理想とする育て方をされたのかなと思っています。子供の存在そのものを全てを受け入れ、「あなたはあなたらしく」を心でも言葉遣いでも表情・態度でも表現されつづけたから、こんな方が育ったんじゃないかって。ボクはそんな風に、子供に寄り添いたいって思っているので、そう思ったんだと思います。

f:id:norry-yasuda:20191214183332j:plain

海ほたるで黄昏るボクと息子くん

選ばれる。いや、その前に思い出され信頼される。

すみません、全然本題に入ってませんでした笑。さて、その本の内容ですが、繰り返しになるけど、仕事を頑張る友達みんなに読んでほしい。大企業だろうが、個人事業主だろうが、中小企業だろうが、経営者だろうが、国家資格者だろうが、公務員だろうが、会社員だろうが、誰かからお金をもらっている人に読んでほしい。

「いいね」を購入につなげる 短パン社長の稼ぎ方

「いいね」を購入につなげる 短パン社長の稼ぎ方

  • 作者:奥ノ谷 圭祐
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2019/12/06
  • メディア: 単行本
 

 なぜかというと、これからの時代もっともっと必要となる内容が書いてあるから。今の時代、Amazonや楽天でなんでも手に入るし、ググればだいたいのことは知ることができる。それに安くて良いものはどこいっても購入できる。服もサービスも食事も。そんな中必要なのは、選ばれること。そして、その前にもっと必要なのは、思い出してもらえること。そもそも思い出してもらえないと気付いてももらえず、選ばれることはないと思います。

ボクの仕事人生では「営業」という立場で仕事をもらうことが多かったのですが、いまは経営企画室にいて、社外に何かを依頼・発注することも多くなったんですが、そこで気づいたのが、何かに困ったときに思いつくのはやっぱりに普段からコミュニケーションを取ってる人のこと。そして、連絡しやすいひと。Webディレクターの採用に困ったときは、Webマーケティングの会社を経営している友人に相談したし、デジタルマーケティングで困ったときは、同業界で働く友人に相談したし、人材採用で困ったときは、同じ担々麺好きとしてFacebookつながる知人に相談したし。  

広告も大事だけど、やっぱり誰を知ってるか、誰なら信頼できるか、がかなり重要なのは言うまでもないと思いますし、、実際に皆もそれを軸に相談相手、選ぶ商品・サービスを決めているんじゃないでしょうか。

そういう時代に、この短パン社長は選ばれる、そしてその前に思い出される、信頼される、ということを体現されていると思うんです。そのキーワードとして、この本では「好きを発信」「共感」「誰かに向けて思いを伝える」「楽しませる」と表現されています。そして、そのツール(あくまでも「ツール」)として本人が活用されているのが、SNSでありブログであるわけです。

ボクがSNSとブログを継続できているのも短パン社長のおかげ。

そんなボクは短パン社長と出会う前から、SNSとブログを始めてはいるのですが(そこだけは自分を褒めてやりたい!笑)、3年近くずっと続けられているのは、もう短パン社長の影響といっても言い過ぎじゃないです。というか、短パン社長のおかげです。そのおかげで、たぶんSNSで繋がる人たちにとって、「OWNDAYS」「担々麺」「今日の息子くん」の3つのキーワードでボクのことを思い出してくれる人が増えたと思います。なんの売上にもつながってませんが、(あっ、メガネは10本くらい知人・友人が買ってくれました...w)おいしい担々麺屋さんをみんなに紹介することで一人くらいは幸せにできたかな笑。

ちなみに、なんでボクが発信しているか、発信したらどんな良いことがあるか、については以下のブログで紹介しているので、ぜひ見てください。

www.norrya.com

www.norrya.com

最後に。「いいね」を購入につなげる短パン社長の稼ぎ方

なんか、全然本の紹介をしてないな笑。でも、いいんです、だって、どっちかというと、本の紹介というよりみんなに発信してもらいたいのが根底にあるから。特に結果を出してないボクがいうのもなんだけど、それが自分にとって良いことでしかないってのを伝えたいから。

このブログを読んでも良く分からなかっただろうから、、、その場合は、この本を読んでみてください笑。

「いいね」を購入につなげる 短パン社長の稼ぎ方

「いいね」を購入につなげる 短パン社長の稼ぎ方

  • 作者:奥ノ谷 圭祐
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2019/12/06
  • メディア: 単行本
 

 

そういえば、さっき、「短パン社長の幼少期にはボクの理想とする育て方をされたのかなと思っています。子供の存在そのものを全てを受け入れ、「あなたはあなたらしく」を心でも言葉遣いでも表情・態度でも表現されつづけたから、こんな方が育ったんじゃないかって。ボクはそんな風に、子供に寄り添いたいって思っているので、そう思ったんだと思います。」と話しましたが、自分の息子はというと、今のところうまくいっているかも笑。

f:id:norry-yasuda:20191214192030j:plain

ライダーベルトをもらってテンション爆上げの息子

だって、仮面ライダーや戦隊ヒーローへの大好きを追求させたら(服やおもちゃ、コップ、はぶらし、ヒーローショー、握手会、etc...)、イオンで戦隊ヒーローを見た保育園の友達が息子のことを思い出してくれるし、息子と同じおもちゃで遊びたいからと息子の分もガチャガチャを買ってきてくれたり、使わなくなったおもちゃを持ってきてくれたり、会社の同僚からは仮面ライダーゼロワン 変身ベルト をもらっりして(柴田さん!まじで感謝!!)、モノが集まりだした。家族3人でヒーローショーを観にいく楽しみができたし、カラオケでパパ(=ボクw)がヒーローの曲を山ほど歌えるようになったし(ちなみに一番好きなのは、仮面ライダーゼロワン、ニンニンジャー、ゴーカイジャーの曲ね。知らんか笑)、楽しみを共感できているし。はっきり言ってサイコーです笑。

まさかのこのブログのオチが、子育て本みたいな紹介になったけど、ボクの友達もみんな親になってると思うから、ぜひ読んでみてね!